2011年03月31日

今日が

どうも映画アーティスト(自称)のやましたです


グリーよりも簡単な出会いの裏技

今日が学生として最期の日になりました明日から人生のもう一つの節目である社会人として日本社会に出ていくことになるわけです
ご存じのように現在は日本が大変な状況になっているわけですそのような中で社会に出ていく不安というのは俺以上に被災者の事を思えば屁でもありませんどころかこのように喜べる時期に喜んで良いものだろうかという罪悪感すら生まれる状況です
しかしながら日本人は常に災害や苦難全てを乗り越えてきたからこそ今の日本という国があるわけです
その国の危機が訪れてたのは乗り越えられるからこそ今のように危機が訪れたのだと思います
乗り越えられない壁は目の前には壁としてうつらないしうつるはずもございません
だからこそこの苦難を日本人全員で乗り越えられると信じるのではなく
乗り越えられないわけがありませんね
だって日本人だぜ?w戦国時代、子供が親を殺し親が子供を殺し愛している人は人質に捉えられても生き抜かなければならない状況を生き抜いてきたのは?
日本人でしょう!
幕末、日本人が世界というものを黒船来航に始まりはじめてそのスケールの大きさを目の当たりにしその戦国時代を生き抜いてきた最高の優秀者たちの集まるはずであった幕府がそのスケールに震えあがりました、しかしそこから外国との調和を目指し江戸城を無血開城して明治政府を立ち上げた民族はどこのどの国でしたかね?みなさん?良いですかこの革命とよばれる明治維新が革命であるにもかかわらず犠牲は払ったがその中央政府である幕府が無血開城された事実は世界史上特筆すべきいや歴史上類をみない未曾有の事件でありますよ?その大偉業を成し遂げた人物たちはどこの出身でしたか?
日本だろ!日本人でしょう!
明治維新のあと日露戦争という巨大なロシアという国と真っ向からぶつかった時代もありました産業、経済、軍事ありとあらゆる点で日本は劣勢だった
しかも周りの国は有色人種が白人に勝てるはずがないとも思われまた大陸を持たない資源もない欧米からのまねごととしか思われていない政府しかない日本という国と資源も経済も潤沢なロシア、戦争が始まる前から決着はついているのが確信と思われていた
そんななか第二のロシアの植民地として日本が存亡の危機に瀕し戦争をせざる追えない状況になってしまった
しかしこの途方もない戦争にもどっちが勝ちましたかね?みなさん?
日本だろ!日本人でしょう!!
世界に誇って良い日本がこの程度のもう一度言いますがこの程度の危機に乗り越えられないはずがないデス
赤子の手をひねるよりも簡単に危機なんてすっとびますよ
だって俺達ですからwwwww
何か問題でもありますか?食料が、原発が、家が倒壊してる、町が消えた、市が消えた、
しかしねそう思えるのは今命があるからでしょう、死んでないのなら目の前の雑草をつかんで恥と思われても前を向いて前進していく事が重要なのです
犠牲者の方々は本当に不幸だとおもいます。しかしながら生きながらえている我々が不幸なわけがありませんよね?そうしてみれば生きている事が全てに対しての幸福なのです。その幸福を全員で紡ぎ合ってつないで生きていく事が復興と再建、再起につながるのです
とんでもない泥沼にいる時は泥沼しか見えないものですが泥沼にいるからこそ次に繋げられるそのつなげたときにその泥沼が確実に自分の糧になっているのですそういう事を考えればおのずと泥沼も泥沼じゃなく清い湖で泳いでる気分になれるはずなのです
シェイクスピアの言葉で「人生は考え方しだいでどうにでもなるのだ」という言葉がありますがその通りです
ゲーテの言葉で「涙とともにパンをかみしめた者にしか人生の味はわからない」という言葉もありますその通りです
ですから逆境が全ての原動力この原動力は自動車で言うところのガソリンにあたります
いまこの燃料が不足しているのが被災地などで見受けられますが
でも今俺たち日本人の中にある不安や悩みや罪悪感ややりきれなさ等はガソリンのように物質ではなく自分たちのそれぞれの思いのようなものです
それは減る事はないし増やす事もできるでもこの増やすことで原動力がやしなわれるのならドンドン燃料を蓄積して爆発させていきましょうよ!
つうかそうしようぜ!じゃないともったいない何より自分自身が!
だからこそ不安に思う事や泥沼にはまっている事が不幸なのではなくそれは爆発させるためのエネルギーなんです
だからやろうぜ!ww
just do it! you can do it ! i can do it!
でしょうww日本人なら日本人らしい職人気質、礼儀正しさ、人情味、気品、風格 今見せずにいつ見せるんだ!ああ? どうなんだよ!
落ち込んでねえで隣のやつをぶん殴ってでも立ちあがらせて前を向いて走っていこうぜとこういうわけですなw
里見八犬伝で八犬士たちが持つそれぞれの玉にはこんな文字が刻まれていました 忠、義、仁、孝、悌、礼、知、信 それぞれの玉の一つ一つの文字が何を意味しているかなんて説明しなくてもわかりますね
八犬士たちはこれらを持って何百人もいる怨霊や妖怪を退治しにたった八人で立ち向かいに行きます
大事なのは物語に流れる何を大事に生きていくか。はっきり言って勝ち目なんてないし死にに負けに乗り込みに行くようなもの
でもやらなければいけないのは何故か、それは自分がこれから死んだとしても今行動しないで生きていくのは死よりも恥ずかしいからなんですよ
仮面ライダーがショッカーと命をかけて戦うのは何故か自分自身のためになによりも自分しか対抗できる手段を持っていないからそしてそれはそうしなければ生きていけないからひいてはそうしないと納得ができないから
物語の主人公たちができてなんで俺たちができないんだ?
買占めをしている奴らにはぶん殴って気絶させてもやめさせる位怒って良いと思うのはこれもあるでしょう
どうせ生きるならカッコよく生きようぜ!!
十三人の刺客、七人の侍、男たちの挽歌etc..ありとあらゆる映画で描かれている生き恥をさらして生き抜くよりも自分の納得いく形で死んで人のためになるならそれがかっこいいでしょう!!
邦画のラブロマンスばかり見ている人には理解できないかもしれないがねw
しかし少なくとも俺たちは死ぬまでにはいかないはずです何かしらのできる事をやるのだとしたらだったらやろうぜ!
大切なのは今までの人生ではなくこれからの人生です

大学時代は大変有意義にすごさせてもらった。
学生時代でホントに何よりも一番おもしろかったと断言できるでしょう

ちなみに俺の座右の銘はクリエイティブに生きるですw
そうそう人生で負けるとわかっていてもやらなければいけないのだとしたら何としてでも俺はどうにかして一矢報いる人間です
posted by つね at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。